一歩踏み出すかどうかがお金持ちと一般人の違い
不景気でも稼いでいる人はこんなにいる

世界中で格差問題が深刻化している昨今、日本でも同じような問題が取りざたされている。

特に国会議員の年収は、サラリーマンの平均年収よりもはるかに多いくせに増税などと言っている始末。

フジテレビや電通、三井商事などの一流企業は相変わらず、平均年収1,000万超えの高収入で福利厚生もばっちり整っている。

それに比べ、下請けの業者やブラック企業の平均年収は400万円以下なんて当たり前だ。

そんなわけで国家公務員から芸人、アイドル、AV女優に怪しい仕事まで、気になる職業の給与明細を暴露する!!

今の生活がきつい人は「儲かっている職業」に転職するのもアリだ。気になった職業の求人情報を探してみるとこれがまたオモシロイ。

「求人サイトには載ってないだろう」と思った職業でも、意外に募集していたりするのだから。

芸能人・マスコミ
テレビ、映画、出版・・・・・・
華々しい世界に映る世界だが、意外と厳しい現実があった!!
有名な一般企業
儲かっている業界と儲かっていない業界で給与に大きく差が出るサラリーマン。
そろそろ、転職を考えてみては・・・?
意外と知らない特殊な業界
ロマンあふれる探偵や夜空を彩る花火職人・・・
意外と知らない特殊な家業を紹介する。
資格必須な業界
不況が続く今だからこそ、資格のいる仕事が注目されている。
超難関から国会議員まで、あんたら一体いくら稼いでいるの??
有名アスリート
プロ野球選手、プロサッカー選手、プロゴルファー・・・
子どもたちに人気のスポーツ選手の年収は??
高収入アルバイト
忙しいOLやサラリーマンにはもってこいの高収入の副業。
見学レディやマグロ漁船員など、本格的に稼げる仕事もあるよ!!
  • 主婦に人気の副業(アフィリエイト)
  • 主婦に人気の小遣い稼ぎ(覆面調査員)
  • 自宅で簡単にできる!!(ヤフオクの転売)

2013年02月28日

男の子のなりたい職業NO.1!?パイロットの年収は●●●●万円

パイロットを取り巻く環境は今、急激に変化している。

経験豊富な人材が一斉に定年退職を迎えるという『2007年問題』は、パイロットの世界も例外ではなかった。

業界はパイロット確保への動きを急速に進め、パイロット資格を持った即戦力の外国人パイロットの採用や、定年を迎えるパイロットの再雇用も開始された。

割りを食う形となったのが、航空大学からは、パイロットを目指す若者たち。

一時、パイロットと言えば年収2,000万円は堅く、航空大学の学生は、『金の卵』と言われたものだが、現在はその就職率も30%ほどに落ち込んでしまった。

スムーズな世代交代とはいかなかったようだ。

航空大学を出なくてもパイロットになれる。

通常の4年制大学を卒業後、航空会社が独自に設けるパイロット養成試験を受けて入社し、入社後に訓練を積むという方法もあるのだ。

そんなパイロットの年収は1,300万円。この金額は、もちろんその危険度と責任を考慮されてのことだ。

給与体系は、地上で働く航空会社職員の給与に、1時間単位で計算される乗務手当を加えたものが一般的なものである。

乗務手当の単価は、12,000円以上。

航空法による制限で1カ月当たりのフライトは80時間以内と決まっているが、仮に月間70時間のフライトを行った場合、乗務手当だけでも月に84万円を超える計算になる・・・・。

posted by ゆう at 21:16 | Comment(0) | 運輸関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。