一歩踏み出すかどうかがお金持ちと一般人の違い
不景気でも稼いでいる人はこんなにいる

世界中で格差問題が深刻化している昨今、日本でも同じような問題が取りざたされている。

特に国会議員の年収は、サラリーマンの平均年収よりもはるかに多いくせに増税などと言っている始末。

フジテレビや電通、三井商事などの一流企業は相変わらず、平均年収1,000万超えの高収入で福利厚生もばっちり整っている。

それに比べ、下請けの業者やブラック企業の平均年収は400万円以下なんて当たり前だ。

そんなわけで国家公務員から芸人、アイドル、AV女優に怪しい仕事まで、気になる職業の給与明細を暴露する!!

今の生活がきつい人は「儲かっている職業」に転職するのもアリだ。気になった職業の求人情報を探してみるとこれがまたオモシロイ。

「求人サイトには載ってないだろう」と思った職業でも、意外に募集していたりするのだから。

芸能人・マスコミ
テレビ、映画、出版・・・・・・
華々しい世界に映る世界だが、意外と厳しい現実があった!!
有名な一般企業
儲かっている業界と儲かっていない業界で給与に大きく差が出るサラリーマン。
そろそろ、転職を考えてみては・・・?
意外と知らない特殊な業界
ロマンあふれる探偵や夜空を彩る花火職人・・・
意外と知らない特殊な家業を紹介する。
資格必須な業界
不況が続く今だからこそ、資格のいる仕事が注目されている。
超難関から国会議員まで、あんたら一体いくら稼いでいるの??
有名アスリート
プロ野球選手、プロサッカー選手、プロゴルファー・・・
子どもたちに人気のスポーツ選手の年収は??
高収入アルバイト
忙しいOLやサラリーマンにはもってこいの高収入の副業。
見学レディやマグロ漁船員など、本格的に稼げる仕事もあるよ!!
  • 主婦に人気の副業(アフィリエイト)
  • 主婦に人気の小遣い稼ぎ(覆面調査員)
  • 自宅で簡単にできる!!(ヤフオクの転売)

2012年04月07日

小学館、集英社、講談社は●千万超!!編集プロダクションは●●●万円程度・・・・

国内に3,000社ほどある出版会社のうち、三大大手と言われるのが小学館、集英社、講談社である。

出版不況と言われながらも、小学館の平均年収は1,195万円で、集英社は1,119万円、講談社でも、1,000万円以上だという。

大手の出版社は20代後半で1,000万円を超えるが、中小出版社となればそうもいかない。

社員数15人程度の中小出版社の平均年収は550万円程度だ。


出版社の仕事は大きく分けて、編集と営業(抗k、億営業や書店営業)にわかれるが、人気があるのは編集職だ。

しかし編集職はいわゆる3K(キツイ・汚い・給料が安い)職場と言われている。

雑誌などは発売日が決まっているため、決められた日に印刷所へ本になるデータを渡さなければならない。

しかしなかなかスケジュール通り物事は進まず。締めきり間近になると連日徹夜なんてこともよくある。

出版社もテレビ業界と同じように、制作会社(編集プロダクション)に仕事を依頼することがある。

編プロレベルになると、年収は、もっと安く平均年収は350万円ほどになる。

最近では、出版不況の影響もあって、制作費も減少してきているため、さらに状況は厳しくなってきている。

年齢を重ねてもさほど給料が上がるわけではなく、長時間労働のためフリーになったり自ら制作会社を立ち上げたりする人が多い。

それでも出版業界に携わり続けるのは、お金よりもやりがいを求めている人たちが多いためだろう。

posted by ゆう at 11:31 | Comment(0) | 芸能人・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。